『FASHION MEETS COMPASSION 』ファッションが思いやりに出会うとき

4月末をもって弊社はen-threedots合同会社からラヴィストトーキョー株式会社に組織変更いたしました。LOVST-TOKYOでは新たなブランドメッセージ、哲学を掲げ、エシカル/ヴィーガンファッション業界を牽引します。また、社会を変革する強い意思を持った新たなメンバーも迎え、更なる飛躍を目指し再始動いたします。

 

ブランドメッセージ

『Fashion Meets Compassion』

 ファッションが思いやりに出会う時、あなたはこの世界のクリエイターであり、芸術家もしくは表現者です。

 私たちの明日をどのようにデザインし、生きる意味を考えるのはあなたの仕事です。

 ファッションを楽しむために、残酷である必要はありません。

ヴィーガンファッションとアニマルフレンドリーなライフスタイルを取り入れることで、新しい価値観がもたらす心地よい幸せに気が付くことができると強く信じています。

 

フィロソフィー

私たちは学びました。私たちが目指す世界への歩みは、長く険しく、またときに現代資本主義の構造的矛盾との共存を強いられることを。また、確固たる信念と正しい行動をもってフォロワーを導くリーダーになる必要があることを。

もしあなたが、今すぐ社会に何か還元したいと考えているのなら、まずはあなた自身の消費意識を変えることです。
あなたは、あなたの望んでいない世界を創る者たちの支援を続ける必要はありません。

あなたはこの世界のクリエーターで、あなたが創りたい世界はあなたの選択に委ねられています。

また、わたしたちはミニマルでアニマルフレンドリーなライフスタイルをファッショナブルに彩るアタナに力を与え続けます。なぜならアナタの個性とそのエネルギーは、今この世界に最も必要とされていて、その可能性は育むべきのもだから。

そして、私たちは信じています。アナタのその強い想いと行動が、アナタとアナタの周りの人々のライフスタイルに強く影響を及ぼし、彼らを本質的な幸せに導けることを。

 

LOVST-TOKYOブランドコンセプトの変更点と今後の活動に関して

私たちのこのメッセージには、お客様一人一人をこの世界のクリエーターと捉え、それぞれが持つ個の感性を大切にし、自分自身のライフスタイルを豊に彩る楽しみを追求して行って欲しいという想いを込めました。また、フィロソフィー(哲学)は、私たちがこれまでの学習してきたことや全ての生き物や異なる価値観が共存していくことの必要性を再認識しています。そして、私たちが歩むべき道のりとその進み方を示唆しています。

 
5月よりプライベートブランドの開発準備を進めていく予定でしたが、現在発生している新型コロナウイルス感染症の影響により、PBブランド展開の先送りを決定いたしました。また、現在オンラインストアで取り扱っている商品の在庫手配の遅延が避けられない見通しとなっており、お客様には、ご迷惑をおかけし大変申し訳ございません。少しでも早く製品をお届けできるよう取り組んでまいりますので、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 
LOVST-TOKYO 代表 唐沢 海斗

素材のお問い合わせはこちらから

GO FOR SDGs!