PACKAGING SOLUTION

コンポスタブルパッケージは、微生物の働きで分解させて堆肥にすることができるため、「リアルダートバッグ」とも呼ばれます。バイオベースで一部は植物から作られています。また、プラスチックと同様の機能性を有していますが、有害物質を出さない生分解性のパッケージです。

THE STORY

創業者のレベッカとケイトは、EC業界で排出される大量のプラスティックゴミによる環境負荷に目を向け、革新的な宅配パッケージの開発に取り組むことで、その問題解決と新しいエコシステムの創造に励んでいます。製造、使用、廃棄の直線的なリニアエコノミーではなく循環型経済(サーキュラーエコノミー)を創造していく上で、廃棄物を生成することは選択肢ではなく、地球の資源は無限のものとして扱うべきではありません。彼女たちは、従来のプラスティックに変わる持続可能なソリューションをるeコマースと小売業を中心に提供しています。

THE PACKAGE

パッケージは100%生分解性でPLA(トウモロコシから合成)およびPBAT(ポリ酪酸アジピン酸テレフタレート)の堆肥化可能な材料から作られています。PLA(ポリラクチド)は、再生可能な植物材料(トウモロコシの殻、稲わら、小麦わらなどの澱粉)から作られたバイオベース原料です。PBATは石油ベースの材料から作られていますが、100%再生可能な原料です。また、この材料の組み合わせは、従来のプラスチックと比較してCO2排出量を60%削減し、毒性がなく、フタル酸エステルまたはビスフェノールA(BPA)を含んでいません。

THE STANDARDS

The Better Packaging Coが開発した家庭用コンポーザブル「comPOSTパック」は、堆肥化性に関する多くの厳しいテストに合格しています。オーストラリアの企画AS5810は、最も難しいテストの一つであり、コンポストした際にパッケージ自体が他の生物に対し無害であることを証明しています。また、REACH認定、RoHS認定も有しているため、化学物質によるリスクの評価と管理、及び、ユーザーへの適切な情報提供に関して責任を持ち、人の健康と環境を高レベルで保護します。

素材のお問い合わせはこちらから

GO FOR SDGs!