LOVST-TOKYOってどんな会社?

ラヴィストトーキョー株式会社は、en-threedots(エンスリードッツ)合同会社から、事業の更なる成長・発展に向け2020年4月に株式会社に組織変更し再始動いたしました。ヴィーガンファッションをコンセプトにしたプライベートブランド「LOVST-TOKYO」には、愛を持って(LO+ve)、ヴィーガン(V+egan)、ファースト(1st)なライフスタイルを尊重していくという意味が込められており、全ての生き物や異なる価値観が共存できる社会創造を目指すというメッセージが込められています。創業より日本未上陸のブランドの販売や非動物性レザー素材を用いた商品企画・開発支援といった独自の強みやノウハウを常にアップグレードしてきたラヴィストトーキョー株式会社は、東京から新しいファッションの形を発信し続け、消費者が本質的に幸せなライフスタイルを実感するための"きっかけ"を提案する企業でありたいと願っています。

代表メッセージ

皆さんは "本当の幸せ" を感じたことはありますか?
私の好きな言葉に、“Purpose is what creates true happiness” という言葉があります。ここで意味する目的とは、自分という存在を超越した何かより大きなものの一部である意識をもてる感覚のことであり、自分という個性が必要とされていて、自分がコミットすることである事象がよりよくなることです。またその目的は、本質的な幸福感をもたらします。ラヴィストトーキョー株式会社は、意(こころ)を動かすサービス創造“Design Your Purpose in Life”を企業理念に掲げ、時代が求める新しいライフスタイルとその意義を提案し続けるリーディングカンパニーを目指します。少しでも多くの人々が本当の幸せに出会える“きっかけ”を創造することが、私たちのミッションです。

TEAM

社会を変革する熱意を持ったメンバーが集まりました

Ashley Van Gool

Creative Director

Wataru Miyamoto

Photographer

Miyu Maemoto

Lifestyle Model & Ambassador

Company

会社情報

沿革

2018年 11月 en-threedots合同会社 創業

2019年 3月 日本初ヴィーガンファッションセレクトショップ事業に着手

2019年 7月 港区・白金台にショールームをオープン

2020年 1月 非動物性レザーを使った商品企画・素材の卸販売をスタート

2020年 4月 ラヴィストトーキョー株式会社に組織変更

2020年 6月 エコパッケージのソリューション事業に着手

会社概要

社名
ラヴィストトーキョー株式会社

設立
2018年 11月 29日

資本金
2,000,000円

役員
代表取締役 唐沢海斗

事業内容
非動物性素材の専門商社
服飾雑貨の企画、開発、卸、販売及び輸出入並びにそれらの代行
インターネットを利用した各種情報提供サービス
リサイクル及び資源の再利用事業

アクセス

【電車の場合】JR 山手線、都営三田線「目黒」駅から徒歩約8分
【バスの場合】渋谷駅東口より東急バス72 系統に乗車し「大鳥神社前」バス停下車。徒歩約3分

ラヴィストトーキョー株式会社 〒153-0063 東京都目黒区目黒2-11-3 IMPACT HUB TOKYO TEL:050-5438-1408

お問い合わせはこちらから

GO FOR SDGs!