インターン生が実験! アップルレザー製品は雨の日でも使える?

はじめまして! LOVST TOKYOでインターンをしているすみれです。皆さんはりんご由来の「アップルレザー」についてどんな印象を持っていますか? 代表の海斗さんの話によると、アップルレザーは耐水性がある上に超軽量なのだとか。果たしてアップルレザーは本当にそんなにすごい素材なのか、今回はその実用性を試す実験をしてみました!


1年前まで肉食だった私が「LOVST TOKYO」でインターンを始めた理由

実験をする前に、簡単に私の自己紹介をさせていただきます。改めまして、インターン生のすみれです。よろしくお願いします! 普段は大学に通っていて、国際系の学部で環境問題や社会問題について幅広く学んでいます。また、ヴィーガン関連の学生団体や社会問題を話し合う会の運営をやっていて、日々楽しく過ごしています。

私がヴィーガンに目覚めたきっかけは、『ゲームチェンジャー』というドキュメンタリー映画です。スポーツ栄養学の真実をわかりやすく解説してくれる作品で、筋肉を必要とするアスリートの中にも菜食主義者がいることを初めて知りました。同時に、それまで抱いていたヴィーガンに対するイメージを大きく覆す内容にとても衝撃を受けたのを覚えています。

そこから、さらに菜食について調べていく中でヴィーガンのマインドに触れ、菜食主義は私たちのカラダだけではなく、地球環境や自然界に生息する動物たちにも良い影響を与えることを知りました。また反対に、私たちの日々の選択や行動が環境問題を引き起こしていることを自覚するきっかけにもなったんです。

以来、私は徐々に動物性食品の消費を減らし、ほぼプラントベースの食生活を送るようになりました。しばらくすると心身ともに変化が現れ、今ではとても心地の良い生き方ができていると感じています。

そして食だけではなく、ファッションやライフスタイル全体で「地球の未来のためにより良い選択肢があることを少しでも多くの人に知って欲しい」という気持ちが芽生えました。それが、私がLOVST TOKYOでインターンとして働くことに決めた理由です。

アップルレザー製品は雨の日でも使えるらしい!?

LOVST TOKYOに興味を持ったきっかけは、廃棄りんご由来のアップルレザーを使用しているという点でした。しかし、今まで植物由来のバイオレザーの製品は使った経験がなく、何となくデリケートな素材という印象がありました。

でも代表の海斗さんによると、LOVST TOKYOの製品に使用しているアップルレザーは、水にも強く雨の日でも使えるとのこと。

そこで今回は、どの程度耐水性があるのか試しに実験してみました!  実験に使用するアイテムはこちら。第一弾のクラウドファンディングで発売した「Apple Tote 1.0」のレッドです。

霧吹きで何度か水を吹きかけて、アップルレザーの耐水性をチェックしてみます。

すると、しっかり水を弾きました! ティッシュで拭き取ってみると、水が染みることもなくきれいに拭き取ることができました。

左からBefore→After

革製品って水に濡れると染み込んでシミになったり、乾くと濡れた部分だけ凸凹になってしまったりするイメージがあったんです。でも、アップルレザーは水が染みる心配がないので、雨の日でも気にせず使うことができます。

さらに、代表の海斗さんが教えてくれた通り、アップルレザーはとっても軽いんです。実際にトートバッグを肩にかけて持ってみると、その軽さに本当にびっくりしました! 「Apple Tote 1.0」はパソコンや書類もたっぷり入る大容量サイズで、荷物が多い私にもぴったりです。

アップルレザーは想像以上に実用性のある素材だった


単純ですが、今回の実験を通してアップルレザーってすごい素材だなと思いました! リンゴ由来のレザーと聞いてあまり丈夫な印象がなかったのですが、実際に触れてみると想像以上にしっかりとしていて、レザーと見間違うほどのクオリティでした。その上耐水性があるので、ある意味レザーより実用的です。正直、アップルレザーの実力をなめていました(笑) 

ちなみに、LOVST TOKYOでは7月9日(金)から第二弾クラウドファンディングでアップルレザーのリュックを発売するそうです。両手が自由に使えるリュックは通勤や通学に便利なので、私も発売を今から楽しみにしています!