¥1,5000円以上で送料無料!

植物由来のヴィーガンレザーブランドの代表が語る「ヴィーガンレザーって何?」

皆さん、どうもこんにちは。LOVST TOKYOの唐沢です!
最近よく、うちの商品は「アップルレザー」という植物由来のヴィーガンレザーなんです!なんてご紹介させていただくと、「ヴィーガンレザーってそもそも何なの?」てお声をいただくことが意外と多くてですね、、、
ここで改めて、 ヴィーガンレザーについてご紹介させていただければと思います。

目次

いわゆる「レザー」って呼ばれるもの

まず最初に、いわゆる「レザー」と呼ばれているものには、大きく次の4つに分けられていると思います。

ヴィーガンレザーとは②
皮革(レザー)の分類

天然皮革(本革)

天然皮革や本革と呼ばれるレザーは、本物の動物の皮をなめした革のことです。

天然皮革に用いられる動物にはいくつか種類があります。

  • 牛:国内で出回っている天然皮革製品の大部分が牛革。
  • 豚:数ある天然皮革のなかで、唯一国内自給率100%。
  • 鹿:日本で最も古くから生産されてきた皮革の一つが鹿革。

このほかにも、馬やカンガルー、ヒツジやヤギの革も存在していますね。

また、天然皮革の大きな特徴は、その優れた耐久性と独特の質感です。
寒さや衝撃から動物の身体を守る役割をしている皮から作られる革製品は寿命が長く、適切に手入れをすることで10年以上使い続けることもできると言われています。その質感や模様も一つとして同じものはなく、動物由来ならではの独特の風合いが特徴ですね!

合成皮革(合皮)

人工的に作られるビニールやプラスチック製の革を合成皮革(合皮)と言います。フェイクレザーと呼ばれることもありますね。

合成皮革は、天然皮革と比べて安定的な品質で大量生産が可能です!
基本的に1m幅で単一サイズに生産が可能なため、製品化の際に無駄が少なくて済みます。
製品寿命は、数年程度とメーカーによっても大きな違いがあります。

人工皮革(人皮)

合成皮革と似た素材に、人工皮革(人皮)があります。人工皮革も、合成皮革と同じく非動物由来の人工繊維から作られますが、両者の違いはその製造方法です。

合成皮革ではその土台に織物の層を用いるのに対し、人工皮革では不織布で土台の層を作ります。
また、表面には樹脂の層を施す点はどちらも共通していますが、より革らしい見た目を作りだすデザインの加工過程にも違いがあります。

つまり、裏面に、織物ではなく「不織布」を用いて製造される革を人工皮革と分類しています。

バイオレザー (植物皮革)

そして最後に、分解した植物原料とポリウレタン樹脂を合成した植物レザーになります。

最近、世界中でバイオレザーがどんどん開発されていって、私が知っているだけでも、アップル、パイナップル、マッシュルーム、サボテン、マンゴー、ココナッツ、グレープ、コーンなどなどたくさん種類が増えてきている印象です。

また、その製法には、弊社で取り扱っている「アップルレザー」のように乾燥物を粒子分解したものを樹脂と混ぜ込んで原料の一部とする製法や葉っぱの繊維質を利用するもの、そしてそれ自体を培養して大きくしていくような製法があるようです。

それぞれバイオ成分の度合い(生分解性度)は異なりますが、これらの素材が新しい選択肢として生まれてきていることは良い傾向のように感じます。

ヴィーガンレザーは環境に優しいのか?

動物にも環境にも優しいヴィーガンレザー
素材別の環境負荷構成

上図は、素材ごとの環境負荷の構成をデータで表したものです。
水資源、地球温暖化などの項目が高い天然皮革(本革)に対し、PUレザー(合成/人工皮革)は全体的な負荷は低いものの、石油由来の樹脂を用いているため化石燃料の値が大きいです。枯渇燃料を使用している点を考慮すると、やはり一般的ヴィーガンレザーはサステナブルな素材としては疑問が残りますね。

ただ、その中でも「アップルレザー」のように廃棄されてしまうもを原料の一部に用いているバイオレザー は、石油系の資源を少なくすることができるので、環境により配慮しているヴィーガンレザーと言えることができるでしょうか。

どうしてヴィーガンレザーと呼ぶのか?

どうしてこれらのレザーをひとまとめに「ヴィーガンレザー」と呼んでいるのでしょうか?
既に予想がつくと思いますが、これらのレザーには、動物性の素材が一切用いられていないからです。

ここで一旦話を戻したいのですが、LOVST TOKYOで取り扱っている「アップルレザー」のような植物由来のレザーも大枠はヴィーガンレザーに当てはまるということです。

最近は、一般的に安価で出回っている合皮も「ヴィーガンレザー」として打ち出すところが増えているので、ヴィーガンレザーの中にも種類があることを覚えておいていただければと思います。

また、ほとんどのバイオレザー は、まだ大量生産できる体制が整っておらず、比較的高価に流通していますが、廃棄されてしまうもなどを原料の一部として用いているので、合成皮革や人工皮革のように100%石油成分から成るものよりは環境負荷が小さく、軽くて水に強いという同様の性質を有しているのは魅力的です。

まとめ

どうでしたか?「ヴィーガンレザー」について、改めてご理解していただけましたでしょうか。

まだまだ私たちも勉強中でして、日々新素材のリサーチや学んだことを商品やブランドとして形にしながら挑戦を続けています。なので、より環境に配慮したヴィーガンレザーがございましたら「こんなのあったよ」とぜひ教えていただけますと幸いです。

また何か気になることやご質問がれば、SNS等でも承っておりますのでお気軽にお待ちしております!

それでは引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

LOVST TOKYO 唐沢 海斗

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

神奈川県横浜市出身。アメリカ在住経験を活かし、サステナブルな情報を日本から世界へ発信中。ソーシャルグッドなアイデアマガジン「IDEAS FOR GOOD」、サーキュラーエコノミー推進プラットフォーム「Circular Yokohama」運営メンバー。趣味はカフェ巡り。

目次
閉じる